難産予防のための鍼灸治療

 月齢が36週を過ぎたら、難産予防の鍼灸治療を開始します。

こうすると出産時に胎児がスルッと出てきやすくなります。
安産の確立がグッと上がるのです。

快適な出産のための治療になります。

妊娠後期の治療

マタニティー鍼灸

10、11月の休み
  • 11月3日 金曜日 

   (文化の日)

  • 11月23日 木曜日

  (勤労感謝の日)

  •  日曜日 月曜日
 
午前9:30~12:30

午後

14:30~20:00

土曜日9:00~19:00
月・日・祝祭日 休診

浦和駅北口から徒歩2分

さいたま市浦和区東仲町8-17

診療カレンダー

月曜日、日曜、祝祭日 休診