さいたま市浦和駅前 たまはりきゅう院 排卵日の確認法 〜子宮頚管粘液法〜

子宮頚管粘液法
子宮頚管粘液というのがおりもののことです。
おりものは時期によって粘度が替わります。

28周期を例に考えますと、生理開始日から8〜10日頃から増えはじめますが、その頃のおりものは、粘りのあるものです。
その後2〜3日すると排卵日が近づき、膣内の水分が多くなりますので、サラサラのおりものがたくさん出ます。

排卵直前には糸を引くぐらいの粘度の高いおりものになりますおりものがこのような状態になるのは、アルカリ性を好む精子が膣内をスムーズに進めるようにするためです。

おりものは、普段は膣内を雑菌から守るために酸性の性質をもっているのですが、排卵日近くになると、精子をスムーズに運び、受胎を促すためにアルカリ性に変化するのです。

たいていの場合、このような精子の受け入れ状態は2〜3日続きます。

排卵日のおりものの特徴

  • 指につけて伸ばすと10cm近く伸びる場合がある。
  • 色が卵白のような状態から透明になる。
  • 水に入れても固まりのまま溶けない。(排卵日以外のおりものは水に溶けます)
 そして、排卵日を過ぎると、少量の乳白色のおりものが1〜2日分泌されます。

しかし、おりものについては、量や性質などの個人差が多く、年齢や体調によっても日々変化しています。 
このようなことから、おりものである程度排卵日を予測することはできますが、他の方法も併用して使用するほうがよいでしょう。